30代の妊活!

30代の妊活!

高齢出産といえば35歳からと言われています。

 

 

 

若い頃は20代前半で結婚して、25歳くらいに第一子を産み、30代になる前に第二子を産むんだろうなと勝手に思い込んでしました。世の中そんなに上手くはいかず、結婚できたのが30歳過ぎてからでした。

 

31歳から子作りを開始しましたが、32歳になった今でもまだ子宝には恵まれず、現在は不妊治療中です。

 

もし、このまま上手くいって奇跡的に妊娠ができたとしたら、第一子の誕生が33歳です。

 

子供は、二人は欲しいと考えていますので、第二子の子作りを開始する時は、35歳を超えてしまう可能性があります。

 

よくネット等では、高齢だと妊娠しにくいと言われています。

 

理由としては、年齢と共に卵子も老化し、老化することによって、流産や着床率が低下してしまうそうです。

 

その他にも、卵の数も少なくなる為、妊娠しにくくなるそうです。

 

しかし、卵の数は減ったとしても、卵の質がよけれなば妊娠はできるそうです。

 

 

 

私の周りでは、高い年齢で子供を授かった方が結構います。

 

子供を授かったと報告をもらう時は、私よりも年上なのに...。と正直思ってしまうこともありました。

 

でも、高い年齢でも子供を授かることができる方は、卵子の年齢が若いということなんだと思います。

 

最近では、20代でも不妊治療をしている方もいれば、40歳近いのにすぐに子供ができる方もいます。

 

その為、若いからといって必ず妊娠できるということではないですし、35歳過ぎているからといって、妊娠ができないということでもないと思います。

 

でも、35歳前後になってから子供を欲しいという方には、一度夫婦で検査だけも受けるのもいいのではないかと思います。

 

何も原因がなければいいのですが、万が一夫婦のどちらかに何らかの不妊原因が見つかったら早目に治療をすることができます。治療となれば、やはり時間が掛かります。卵子の状態は、1年ごとに多少変わってくると思いますので、

 

少しでも卵子が若い状態で治療すると、治療が上手くいく確立が高くなるのではないかと私は思います。

 

私は、すでに病院で治療をしているので、その他に自分でできることとしては、少しでも妊娠しやすい様、身体を冷やさない様にしたり、食事を気を付けたりとすることだと思っています。

 

また、葉酸は妊活に欠かせないアイテムとして認知されています。
手軽にできて、効果が期待できる葉酸を一度は試してみてはいかがでしょう?

 

 

 

 

30代の妊活!関連ページ

手軽に妊活♪
妊活中や妊娠中は、歯のケアもしっかりやるべきです。歯医者にかかれなくなってきますからね!
出産後の旦那のひとこと「男って何もできないんですね・・・」
無事出産した後、旦那がひとこと「男って何もできないんですね・・・」。いいえ、そんなことないよ!励ましの言葉嬉しかったよ♪